性感染症・性生活問題

■性感染症・性生活問題

■性感染症とは

性感染症とは、性交およびそれに準ずる行為(口腔性交など)によって感染する病気のことをいいます。性行為経験があれば誰もが性感染症の可能性を持っています。

病気の元になる菌やウイルスは性器の周辺、精液、腟分泌物、血液などにいて、性交などによって感染します。

性感染症として特に、クラミジア(腟、咽頭)、淋病(腟、咽頭)、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、梅毒、トリコモナス、HIV、肝炎などが知られています。また子宮頸がんを原因の一つでもあるHPV(ヒトパピローマウイルス)も性行為によって感染します。

女性の場合、ほとんどの性感染症は自覚症状がないため、知らないうちに感染していて、相手にも感染させているという怖い状況があります。特にクラミジア感染症に感染すると、不妊症の原因や流産・早産の原因にもなります。

また、近年梅毒患者の急増も報告されています。梅毒も口腔性交だけで感染することがあります。

早期に発見、治療することで感染拡大を防ぐことにもなります。気になることがあればお早めにご相談ください。

■性生活の問題

なかなか口にできないことが多いですが、大きな問題です。

例えばお産によって伸びきった膣口は簡単な手術でほぼ治すことができます。

EDで悩まれている方もご相談ください。

■いつ診察に行ったら良いの?

初めての方はいつでもご都合の良い時にご予約をお取りください。月経周期の何日目でも構いません。一部の検査には検査を行うのに最適な時期がありますので、必要な際にご案内いたします。

■まずは相談だけでもご来院ください

診察を受けるかどうか迷っている、診察を受ける前に相談したい、などの方は看護師/公認心理師/保健師等の資格を持つスタッフがお話を伺います。

予約システムより「看護師相談」(相談料:30分2500円)でご予約ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました